BNLSチャンネル

BNLSを紹介します

現在顔が大きいことがコンプレックスとなっている人は非常に多いです。これは女性だけでなく男性にとっても大きな悩みとなっていることがあり、体型などとは関係ない場合が多く、特に痩せている人の場合更に顔が大きく見えてしまうことがあります。そのため様々な対策を自身で行っている人も多いですが、なかなか成果が得られないと嘆いている人も少なくありません。そういった人にお勧めなのがBNLS注射と呼ばれる美容処置です。これは植物から抽出した成分を駐車することで、リンパや血液の流れを改善し、体の中から健康になることでスタイルの改善を行う方法です。そのため顔の大きさなども改善されることがあり、また短期間で効果が得られるのが大きな魅力です。この際かかる費用は保険診療の対象とはならないため注意が必要です。現在スタイルなどで悩んでいる人は、BNLS注射を検討してみるのも一つの手です。

BNLS注射による治療

BNLS注射とは、顔の脂肪に作用する新しい脂肪溶解注射です。治療効果は早くて3日ほどで実感が出来、一週間ほどで作用します。また植物由来成分を主成分としているので、体の負担が少なく、腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないことも特徴です。1回目と2回目の法令線外側~フェイスライン、頬下とあご下合計24本の3回注射一週間後で、お顔全体がコンパクトになって、あごの下がとてもスッキリしています。早い人は、きれいなEラインになっています。一か月後の頬下、あご下合計12本3回注射の後には緩みのあった頬がグッと引き締まり、あご下もスッキリしたことで輪郭がシャープになりました。本院も小顔効果を実感されていました。料金は、1本12000円、3本で30600円(消費税抜き)となります。モニターご協力でさらに割引となっています。

顔痩せのBNLS・ほほの脂肪吸収

今回は注射としてのBNLSではなくほほ・あごの脂肪吸引についてです。手術中は脂肪の場所と量を常に確認しつつ、慎重に時間をかけて脂肪吸引手術を進めています。効果が出てくるのに必要な処理回数は、注射だと1~2週おきに回にくらべ脂肪吸引は1回で済みます。期間を考えると、注射の場合毎週1回で一か月で、吸引も自然に感性するのに一か月くらいかかります。差はそんなにないですが吸引の場合、手術の日だけの来院が必要な分、来院回数の少なさでは、脂肪吸引のほうがいいです。香かは吸引では綺麗なフェイスラインを残せる限界までしっかり吸引している場合だと、3、4回注射していても吸引すればもう少しほほの脂肪がとれるという人もいます。脂肪吸引の場合、麻酔で痛みはあまりありませんが、麻酔が取れたら、少し痛みが出てきます。しかし、痛み止めを飲めば日常生活に支障はありません。でも、晴れの場合だと脂肪吸引の場合、術後3日から、1、2週間続くこともあるので前もってダウンタイムが準備できるほうがいいです。危険度は危険か、と言われることはありますが単独での死亡事故の報告は見られませんし、手術中と述語の管理をしっかりしておけばまったく問題ありません。ちなみに料金は、BNLS注射のほうが少し安いくらいです。(注射の3~4回の料金)